太陽光発電投資に挑戦したい!そんなあなたに必要な情報

種類ごとの太陽光発電投資の特徴を把握しよう

政府の売電保証制度を利用した投資が、近年話題の太陽光発電投資です。本来不安定であるはずの売電価格と期間を国が保証してくれるため、最長20年に渡り安定収益を見込めます。
太陽光発電投資における現物投資は更に住宅用と産業用の2種類に分けられます。住宅用太陽光発電投資の特徴は、余った電気を電力会社に販売出来ること。日照時間によっては光熱費を全部賄える上に大きな利益を生み出せます。産業用のそれにおける特徴は全量買取りが可能なことです。発電所の規模が大きければ大きいほど投資効率は高まります。
もうひとつの投資方法がファンドへの出資です。ファンドが最低100万円から出資を募り、集まった大金で大型設備を建造し運用。その利益を出資者達に分配する仕組みが特徴です。
このように太陽光発電投資は、現物投資とファンド出資の2種類に分けられます。本投資に挑戦したいのであれば、両者の特徴を理解して自身の投資スタイルに合った方を選ぶことが大切です。

投資を成功させるためのポイントを知っておこう

国が後押ししていることもあり、太陽光発電投資は他の投資に比べて成功確率が高いですが、それでも要点を押さえて選ばないと失敗してしまいます。
健全な投資先を選ぶ際のポイントは実質利回りです。多くの業者は投資物件を販売する際に表面利回りしか提示していません。表面利回りが大きくとも、そこから維持費などを差し引いた実質利回りが低いと投資先として不適格です。ネット上のシミュレーションツールなどを利用して実質利回りを算出し、表面利回りとの乖離値を知っておきましょう。あまりに乖離している場合は、選定候補から外した方が賢明です。
現物投資であってもファンドへの出資であっても、現地確認は必須です。固定資産税などの関係でパネル設置場所は僻地である場合がほとんどですが、面倒臭がってはいけません。ごく稀なケースですが、設備自体が存在しなかったという詐欺事例も報告されています。
実質利回りを計算し、現場をしっかり確認することで成功確率は大きく高まるはずです。