太陽光発電投資に必要な知識

太陽光発電投資の基礎知識を把握しよう

大手電力会社に安定価格で売電することを前提とした投資のことを、太陽光発電投資と呼びます。売電そのものは従来から存在していましたが、政府が電力会社に対し安定価格で電気を買取るよう義務づけたことから、太陽光発電投資の人気に火が付きました。
太陽光発電投資は、現物投資とファンドへの出資の2種類に大別できます。現物投資とは、ソーラーパネルなどの現物設備に資本を投入して売電を行い利益を生み出す投資手法のことで、さらに住宅用と産業用の2カテゴリーがあります。投資に向いているのは全量売電が可能な産業用ですが、億単位の投資が求められるため、個人が手を出すにはハードルが高いのが実状です。
太陽光発電ファンドとは、多くの個人投資家から集めたお金で大型設備を購入し、利益を毎月分配する投資組織のことです。最低100万円程度から出資できるため、現物投資に比べると敷居が低いですが、利回りが若干劣ります。

投資の成功確率を高める2つの知識とは

太陽光発電投資は最長20年にも及びます。安定した利回りを受け取り続けるためにも、最初の投資先選びで失敗は許されません。
成功確率を高めるために知っておきたいことのひとつが実質利回りです。太陽光発電投資の表面的な利回りは10%にも及びますが、実際に投資を行うとメンテナンス費用や税金など多くのコストが生じます。表面利回りからコストを差し引いた実質利回りを算出することで、投資候補先の本当の価値が分かります。
太陽光発電投資をする際は、積極的に各種金融機関を利用すべきです。融資を受けられることを知っているかどうかで投資の成功確率は大きく違ってきます。なぜなら太陽光発電投資は初期投資額が大きいほど有利だからです。
実際に融資をしてくれる金融機関は、各自治体が運営している団体と国が運営している機関及びノンバンクの3つです。後者になるほど金利面などで不利になるため、まずは自治体団体か国からの融資を狙いましょう。